月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

日記をはじめる、ネタ帳をちょっと便利にする

 この間の事ですが、オカンと話をしていて、とある出来事がいつの事だったのかという事で議論?になりました。二人の記憶が食い違うので、しばらくああでもないこうでもないと、出来事に連なる記憶をお互い並べて話し合っていたのですが、曖昧です。
 なので、ヒントがあるかもしれないと、iPhoneのカメラロールを繰ってみていました。
 ありました、出来事に連なる記憶に連なる写真(なんだこの芋づる感)。
 その写真のデータによる日付をみて、我々の問題は解決しました。
 そういう事があったので、日記をつける事を思いつきました。私の記憶力も元々大したことない(どころか問題あり!?)上に老化も影響してきているので、思い出せない何かに苦しめられる回数を減らせそうだし、やってみようと思いました。
 で、日記と言えば日記帳。文房具大好きな私なので、日記帳も大好きです。これまで何度も何度も、買ってつけはじめて数日で途切れる事を繰り返してきました(アカンやん)。
 日記帳は結構高いし途中でやめてもそうそう捨てられるもんでもないので、iPhoneを使う事にしました。
 iPhoneを使って日記なら!これはもうEvernoteの出番だろう!!…という事で、Evernoteで日記をつけることにしました。
 グーグル先生で色々調べて、Evernoteと、支援?アプリを使う事にしました。
 そのアプリは、起動すると白紙のメモ帳とか、Twitterアプリのツイート画面みたいな画面で立ち上がります。このアプリの設定で、投稿するノートブック、タグなどを決めておくと、ツイートするように投稿していくと、まとめてEvernoteに投稿?してくれます。
 1ノートに1日の投稿をまとめ、時刻も自動で記入してくれて、日誌のようです。
 私は日記帳というノートブックを作りましたが、例えば2017年8月23日に、一番にアプリで投稿をすると、この日記帳ノートブックに、「2017/08/23」というノートを自動で作成してくれます(アプリで設定したタグもつけて)。アプリからの1投稿につき、その時の時刻も入れてくれます。日付が変わると、また新たにノートを作成して投稿してくれます。
 こういうアプリは色々あって、好みがあると思うので、やってみようかなと思われた方は「ライフログアプリEvernote」とかそんなキーワードでググってみると、いろんなブログ記事など出てくるので参考にされたらよいかなと思います☆
 そんなワケで、手軽に日記をつけられるようになりましたが、最初の内は投稿する事そのものを忘れてしまって、「おっとっと」となってましたが、今はだいぶ慣れてきたし、別に人に見せるものではないので、ツイートするのと同じ感覚で投稿しています。

 そんなこんなで、ネタ帳もEvernoteなので、同じシステム?を導入しようと色々アプリを試してみましたが(日記で使っているアプリは、複数ノートブックの切り替えができないので)、しっくりくるのがありませんでした。
 で、もしかしてとデフォルトであるメモ帳をみてみると、シェアボタン?からEvernoteに投稿できる仕様になってます。なので、コレを使う事にしました。
 メモ帳では、メモ画面の右上にシェアボタンがあって、これをタップすると投稿先を選べます。Evernoteを選ぶとEvernote内のどこへ投稿するかを設定できます。

f:id:inuit148:20171002191838p:plain

こんな感じ。タグも、Evernoteで作成したものを選べるようになっています。

 

f:id:inuit148:20171002191858p:plain

Evernote側では、こういう風になります。

  ちなみにこれは弟の寝言をメモしたものでした。この記事のスクショのためにEvernoteに送っただけです(笑)。
 メモ帳の一行目をノートのタイトルにしてくれます。
 このメモ帳を使ったやり方は、思ってるノートブックに手早くタグ付きのノートを作りたい時にも使っています。
 Evernoteを立ち上げて、ノートブックを選んで、ノートを新規作成して、タイトル入れてタグをつけるというのは、アプリではわりとめんどくさくて(パソコンならキーボードとペンタブで操作しているので造作ないのですが)、メモ帳を開いて、一行目にタイトルを入れて、そのままEvernoteの投稿したいノートブックにタグをつけて送ります。
 その後、Evernoteを開くと、一番新しく作成あるいは変更されたノートが一番上になっているので、中身の詳しいメモはそこから入力していくという感じ。
 便利な世の中ですな。

 体調ですが、だいぶ元気になってきました。そろそろ漫画を描こうかなと思います。心配して下さった方もおられるかもしれない、ありがとうございます。また頑張ります!