月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

デビュー☆

 漫画家デビューとかアイドルデビューとかそういう響きがありますが、私のデビューは遠近両用コンタクトです。

 すさまじい落差……「デビュー」がもはや同じ言葉に見えない(おおげさすぎるやろ)。

 京都のコンタクトやさんにいつも行きます。定期便にしているので(メルスプランのやつ)、更新と、この頃の不具合について相談するのとで行ってきました。
 前にコンタクトを合わせてもらった時は、乱視があるので見えにくいのだろうと、乱視の矯正を入れてもらったのですが、この頃またコンタクトを入れて数時間するとむしりとりたくなるくらい目がしんどいので、相談しました。あと、老眼と。
 カープみたいのがいろんな向きで並んでいるのを見る視力検査をすると、カープが二重に見えて、恐れおののきました。私が阪神ファンだからではありません。これまで視力検査でぼやけて見えないっていうのはあったけど、カープが二重に見えたことなどなかったからです。一軍と二軍が甲子園にせめてきたくらいの戦慄でした(??)。
 で、検査してくれている係の人が、乱視の矯正がうまくいっていない事と、乱視の矯正を入れなくても結構見えている事と、老眼の事を考えて、乱視矯正なしの、遠近両用にしてみたらばと提案してくれはりました。
 遠近両用は、乱視の矯正はできないので、乱視を矯正つつ遠近両用ってのは、ないのです。
 で、遠近両用コンタクトがどういう仕組みで遠近見えるのかってのを教えてもらいました。
 コンタクトの真ん中は、近くを見る時の度数、コンタクトの周囲は、遠くを見る時の度数になっているそうです。それで、遠くを見る時は、周りのところで拾った情報を集積?して脳に「こんなん見えてます」って報告するらしい。近くの時は逆で。

 すさまじいアイディアと技術…!!!カープの事はすっかり忘れて、感動していました。

 で、遠近両用デビューをはたした私なのであります。合わない人もいるそうですが、私は全く違和感なく、今までのコンタクトと同じように見えてます。でも、スマホを見る時遠くにしなくていいし、情報カードにシーンを書き込む作業も拡大鏡なしでできています。

 すばらしいな……。

 帰りに、近くに伊勢丹があるので、そこの都路里でほうじちゃパフェを食べました。

f:id:inuit148:20170629205231j:image

 ヒュー。

 この席は、下のバスターミナルが見えて楽しかったです。バスたちの動きは、見ていて飽きません。コーナリング、すごい。普通の車よりゆっくり動くのがかわいい。

f:id:inuit148:20170629210710p:plain

 キャラ練習。真魚君というキャラなのですが、今日は便座に座ってません。だいぶ、この人の感じをマスターしてきました。でも、波きゅんの圧倒的描きやすさと比べると、話を一本かかねばなと思います。

 プロット作業も、もうそろそろ仕上げてネーム切っていかねばなと思っています。

 そういえば、昨日、いつものドラマシリーズの名探偵ポワロを見ました、録画物件鑑賞会。『オリエント急行殺人事件』だったのですが、前に日本のやつで野村萬斎さんが主演しているやつと、外国ので別の俳優さんのポワロのやつと、合わせて3つのオリエント急行をみました。昨日見たのはテーマがミステリではなく、文学的な?ところがあって、迫力あるポワロさんでした。脚本でこんなに変わるのか、三様のオリエント急行だったなーと思いました。