月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

月刊とついていますが、月刊ではありません。
漫画描きウマナリの作品リスト、よみもの、ブログなどをのせています。カワイイものは、あんまりありません。

拡大鏡フィーバー(?)

f:id:inuit148:20170615112004p:image

 梅雨になりましたね。
 にゃんこ大戦争のスペシャルステージに梅雨らしいやつが登場しています。
 実に、気色悪い。動きも半端なく気色悪い。しかも、敵の城と自分とこの城の距離が短いのですぐやられてしまう。敵が気色悪すぎて腹も立たない。しかしどこか愛嬌があるというか……それがにゃんこ大戦争の魅力(?)。
 にゃんこ大戦争は、育成するキャラの優先順位を絞り切れず、どれもあんまりレベルが上がってなくてなかなか進めません。ちょっと、絞って順番にレベルを上げなきゃなーと思っております。

 ちょっと前からにゃんこ大戦争よりテラリアブーム?が再来しておりまして、また掘って建ててやってます。
 掘ってばかりだと資材がパンパンになるので(小さい倉庫にしています)、建てる事を挟みつつやっています。
 地下通路網を張り巡らせつつ簡単に部屋を作っていこうと思っております。

 拡大鏡の話題にいついくのかヤキモキされている事と思いますが(誰もしてねぇよ)、これからです。

 プロットづくりが毎回うまくいかず、ついに指南書?を手に入れ、その本にそってやっている私ですが、それでやっていくと、字を書く作業ってのがあります。手書きで。
 前回は、辞書をみるのにVIVA☆拡大鏡ってなっていましたが、今回は、字を書くのにVIVA☆拡大鏡ってなっています。
 今年の初めだったか、絵を描くお友達に頂いた年賀状にお返事葉書を出そうと、葉書に絵を描いたんです。その時、なんか、得体のしれない描きにくさ、何じゃこりゃ的何描いてるかわからん感じがあったのですが、その時は、手描きで滅多に描かないから感覚が分からなくなったんだなーと思いました。
 しかし、プロット作業で、字を書くところに来て、「見えへん」ってなったのです。そして、その見えない感覚は、葉書に絵を描いた時と同じ感覚だったのです。1、2週間前だったか、甥っ子のラクガキ帳に絵を描いた時も同じ感覚がありました。葉書の時よりもっと大きな何じゃこりゃ的何描いてるかわからん感じでした。
 絵ならまだしも、字はおかしいやろと思って、拡大鏡をかけてみました。

 見える。

 そうか……老眼だったのか……老眼のせいで何描いてるかわからん感じになってたんか……。
 私はこの頃めんどくさくてずっと眼鏡のままにしていましたが、眼鏡は20年くらい前に作ったやつなので、乱視の矯正が入っていません。コンタクトは、定期的に検査して状態が変わっていれば、コンタクトも変えるので、前回検査した時、乱視の矯正を入れてもらいました。
 ので、眼鏡で裸眼……いや、違うな、眼鏡で乱視矯正なし+老眼(老眼ってだいたい乱視はいってくるのかな、オカンや姉も乱視といっていた)、スーパー見えない状態で絵を描こうとしていたんですね……。
 もう少し進んだら(プロットじゃなくて老眼が)、コンタクト+老眼鏡にしないとなぁと思います。遠近両用のコンタクトもあるけれど、手元の作業が生活の大半を占めているので、老眼鏡を作った方がラクそうだなーと思うのです。眼科の人に相談しないとですな。
 ま、もう少し先の話です。

 プロットは、順調に進んでいますよ。だからといって、今までとは段違いにいいものができるとは言えませんが、少しずつ前進していくっていうのは、できそうです☆

 にしても、コンタクトにするとパソコンの画面が見づらい……拡大鏡をかけてみるには遠く、近視矯正のコンタクトでは近く……絶妙な位置だなモニター!

 ではでは、また(`・ω・´)ごきげんよう