読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

月刊とついていますが、月刊ではありません。
漫画描きウマナリの作品リスト、よみもの、ブログなどをのせています。カワイイものは、あんまりありません。

チャイナ服の思い出

 私は今でもヘンな人と言われることがたまにありますが……しばしばありますが、子供の頃からヘンな人でした。
 ヘンな人は、自分がヘンだという事に気付かないもので、私も自分がヘンだという事には、人に言われるまで気づけません。よく人に言われるので、私ってヘンな人なんだろうなと思っていますが、ヘンな人らしく振舞おうと思って何か言ったりしたりすることはありません。というか、普通の言動をしようと心がけています(当たり前やないか!)。
 で、自分の事でも振り返ると、「あの時なんでアレがヘンやということに気付かんかったんや、なんでやめとくいう事がでけへんかったんや」と思う事がよくあります。
 そのことの一つに、チャイナ服を着て学校に通うという事がありました。

 ……。

 しかも、私の学生時代は今ほどファッション的にリベラル?ではなかったので、本当に、なんでやねんって思います。
 みんな前髪クルーってしてボディコンとかきて、ワンレンとかで、ディスコいってクネクネしたりみんな一緒の振り付けしたりしてハッスルしてはった時代や(突然の口語)。
 そんなときに、なぜだか、金髪のマッシュルームカットで、これまたなぜかチャイナ服。チャイナドレスではなくて、カンフーの人みたいな。ちょっと、刺繍とか入ってかわいいやつとかも。でもズボンはカンフーの人みたいなやつで、カンフー靴でした。
 よくわかりません。
 で、そういう人はいじめられたりする時代でもありました(それは今もか)。
 でも、高校からこっち、私のリア友たちは(その頃はリア友とかいう概念はなかったけど)とてもリベラルな感覚の持ち主が多く(多分)、私は普通に友達の中で、友達でした(日本語破たん)。
 で、この話の中で、思い出として残っているのはチャイナ服を着ていたという事ではありません。
 チャイナ服関連で、思い出すとちょっとにっこりしてしまうような、中華まんのような思いでがあるのです。
 それは、友達が、「オトンが台湾(だったかな)に行くっていうから、ウマちゃんにお土産としてチャイナ服買うてきてって頼んでん!」といって、とってもかわいい刺繍の(龍なんだけどリアル龍ではなくてかわいい龍だったんだよ。友だちオトンのセンスもすごいイイよね!)チャイナ服をくれたことです。
 今思い出すと、当時よりもずっと、なんというか、友達の親しみが深く感じられて、ホッとする思い出です。当時は、まだハタチ前なので、自閉的傾向も強く、人から親切にされたり愛情を示されたりすることにピンとこなかったので、ホント、今しみじみきます。
 その頃の友達は、今も友達です。だいたい、この頃の年代の時の友達って、青い時に仲良くなっているから、ずっと続くんじゃないかなって思う。もちろん人それぞれだけど!

f:id:inuit148:20170207161400p:plain

 そんなワケでチャイナ服ラクガキ。パレットに青系統が紫と濃紺しかなかったので、やっさだ君は瞳しか青使えなかった、スマン。
 少し前のDLした割り箸ペンを使ってみました。ちょっと、絵的に(絵柄的に?)割り箸ペンむきじゃなかったかしらん、細くしないと描けなくて、こんななったけど、もう少し太い方が味でると思う。600dpiで、3で描いたけど、デフォルトの数値は5で、左上の描き文字は5で描きました。この方が味でるでしょ☆
 DLはこちらから。セットになってます。

assets.clip-studio.com

 ネーム、今日か明日には終わりそうです。

 

f:id:inuit148:20170207161412p:plain

 波きゅんが最強にかわいいシーンをやってました。ぐぅカワか!!!女の子のようですね。作画に入るのが楽しみになってきました!
 そして、004のネタも考えています。004は、忍びたちの話を描こうと思って(別に戦いとかじゃなくて相変わらずホームタウンドラマなんだけど)、アクションシーンも入れられたらいいなーと思います。

 さて、今日も真面目に晩御飯を作ろうと思っています。ミートソースを適当に作る実験をしようと思っています。成功して、おいしかったらまた記事にするかも!これから下ごしらえのトマト湯向きとかもろもろみじん切りとか、します。そして夜もまた原稿がんばろー。

 では!!