読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

月刊とついていますが、月刊ではありません。
漫画描きウマナリの作品リスト、よみもの、ブログなどをのせています。カワイイものは、あんまりありません。

昨日の焼き飯がおいしかった話

 なんかしらんけど、焼き飯がおいしくできるとめっちゃうれしくなってしまいます。
 多分、子供の頃おかんが作ってくれた焼き飯にはピーマンとか玉ねぎとかが入ってて、「これがなかったら……!!」って身がよじれるような思いをしていたからだと思います。
 多分です(二度目)。

 さて、この頃、アジトにいる時に、ご飯を作ることがあり(毎日作れよ)、昭和臭漂う炊飯ジャーで保温していたご飯がカリカリになってきたころ、それを焼き飯にしたりもします。
 焼き飯だ。
 自分で作ると、玉ねぎを入れなくていいし、入れるんだったら親の仇のようなみじん切りをかまし、親の仇のようにクッタクタに炒めて作ったりできます。案外、そうやって入れると玉ねぎってイイやつです。

 そんなワケで昨日も張り切って焼き飯を作ったのですが、ちょっと、調味料を工夫しました。
 もうお分かりでしょうが、塩麴です。
 塩や醤油の代わりに塩麴。後、カリカリのご飯を目覚めさせるためにちょっと水を入れるんですが、その時だしの素を溶いたりして入れていて、そのだしの素を省いてみました。
 塩麴にうまみがあるんやで。

 焼き飯は……というか、毎回の料理が、実験のようなもので、いろいろ、少しずつ違うものを使って作ります。
 昨日の焼き飯調味料のニューフェイスは、塩麴と味玉です。味玉っていうのは赤いかんかんに入った中華調味料です。中国って、玉が好きなんだな……。多分、中国の人はラ王を初めラ玉って空目するんじゃないかな(心底どうでもよい事をかいてしまい、反省しています(消せよ))。
 で、他にはにんにく(昨日はおろしにんにく)、豆板醤くらいかな。
 具は、あるもので。昨日は、さいころこんにゃくを買っていたので、半分使いました。きのことかベーコンとか入れました。

 そうやって作った昨日の焼き飯がな……めっっっちゃ、おいしかってん……。
 おいしかったんですよ。
 焼き飯がおいしいと、本当に幸せです。
 冷凍のやつでも、フライパンであっためると、おいしいですよね。焼き飯とかチャーハンとか。
 いいよね、味付きの米パラダイス(??)。

 そんなわけで、またもや塩麴オススメやでみたいな記事になりましたが、味玉も結構きいていたかもしれません(そ、それや……)。