月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

月刊とついていますが、月刊ではありません。
漫画描きウマナリの作品リスト、よみもの、ブログなどをのせています。カワイイものは、あんまりありません。

ぼんやりしているようで、ぼんやりしていない

 昨日から、やる気がない。
 やる気スイッチとかいう乙女チックな事は言わない。乙女じゃあるまいし(やる気スイッチって乙女チックな事なのか???)。
 やる気がないけど、元気がないワケではない。そんなに悪くはない。
 だから、今日はぼんやりすごしている。ぼんやり原稿を1コマ描き、ぼんやり大根を炊いた。私は大根が食べられないから(私の味覚には刺激的すぎる)、オトンの為に炊いた。
 それから、はてなブログの記事作成画面に、お絵かき機能があることに気付き、お絵かきをしてみた。

f:id:inuit148:20161227161620p:plain

 ???

 で、少し前からなんとか漫画制作の作業をやろうとしている。イマイチ絵を描く作業に気が向かないので、夜になるまでそれはおいといて、次の話のネタ作りという作業が、今日から解禁になったので、それに少し手を付けてみていた。

 やる気が出ないときって、結局、脳みそがなんかこう、「ええねん、もうええねん、ほっといて、もうええねん」って、ドアの向こう、自室にこもってカギをかけているような感じなので(どういう形容なんだ)、イマイチ、ガガガっとストーリーが展開しない(ネタ帳の中のストーリーが)。
 で、そういう時にも一応、対処法があって、それは……

 ぼんやりすることである。

 たいていの人の頭の中は「?」で埋め尽くされたかもしれないが、創作する人は「ああ、わかるー」ってなったかもしれない。

 無理矢理しようと思っても、脳みそは「ええねん、もうええねん」を繰り返すだけなので、なんか遊んでぼーっとしてるようにみせかけて、ネタに近づくようなことをするのだ。

 で、どうするかというと……

 ぼんやりするのだ。

 この年になっても創作をしているような人間は、生まれ落ちた時から創作をするような脳みそになってて、気づいたら空想想像妄想ばかりして時をすごしてきたはずだ……と、私は思う。もちろん、みんながみんなってないだろうけど。そういう人が多いんじゃなかろうかではあるまいかと思うのだ。
 私もそういうタイプで、つまり、ぼんやりするっていうのは、あんまり圧力をかけずに(脳みそには「作業している」とあんまり意識させずに)、空想妄想想像をするということなのだ。
 私は、テレビをつけっぱなしにしているので、そのままでぼーっとしたり、テレビの音を聞きながら白目がちに天井をみてぼーっとしたり、タイトルメーカー(Excelで作ったネタ提供マシン)でいろんな意味不明なタイトルっぽいものを次々と出して、ぼーっとしたりする。パズル系のスマホゲームをやったり、テラリアをしたりすることもある。

 そんなワケで、今、ぼーっとしていた。タイトルメーカーで、いろいろなアホっぽい文章?を見ながら、少しネタを進めた。やっぱり、こいつが最強なんじゃないかなって思う。

 気になる人もいるかもなので、ちょっと、見た目を(見た目どうでもいいのか?)。

f:id:inuit148:20161227171132p:plain

 うん、画像の文が結構恥ずかしい。
 この、下のシートタブを見れば、タイトルメーカーの仕組みは簡単なものであるということが、分かると思う。
 しばらくF9を押していて(F9を押すと、文が更新される)、ちょっと、タイムリーなものに出くわした。

f:id:inuit148:20161227171331p:plain

 帰りたくないサンタクロースが、きれいなお姉さんの一人住まいのマンションに居座ろうとしている感じ?もう、描けよ、それ、描けよって感じだけど、私の作風じゃない(どういう作品なんだよ)。

 ま、そんなこんなで、日も落ちて、晩御飯を食べ終わる頃には、作画できる感じになってるでしょう。