月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

新しいペンをダウンロードしたのでラクガキをした。

一見ラノベのようなタイトルになってしまいました(?)。

私は漫画制作をすべてクリスタ(ClipStudioPaint)でやっておりますが、いろんな素材をダウンロードできるので、時々、休憩がてら素材を見て回ります。

今日は、よさそうなペンを見かけたので、ダウンロードして、使ってみました。

強弱がつけやすいペンで、線の雰囲気はつけペンのような感じです。

描いてみました。

f:id:inuit148:20161205120958p:plain

強弱がつけやすく、描いてる途中で、部分部分によってペン先の太さを調整しなくてもよいということで、調整せずに描きました(文字も)。

確かに。

髪の毛や服のしわ、瞳の中身まで、太さを調節せずに、筆圧だけ意識して描きました。

これは便利ですね。

私の漫画制作で、ペンを使って線を描いているという時間は、ネーム(下絵兼)合わせて、8割くらいなんじゃないかというくらい多いので、筆圧だけで太さを調整できるというのはとても助かります。

しばらく使ってみようと思います。

ついでに、仕上げてみました。

f:id:inuit148:20161205121014p:plain

髪の影のような筋は、つやベタの時に使っている筆ペンブラシでやりました。

ダウンロードはこちらからできます。

assets.clip-studio.com

私は、つけペンの線が大好きです。でも、悲しいことにある種の不器用さがあるのか、アナログ時代、つけペンの練習をしてもしてもしても、自分の理想の?線がひけず、ロットリングのほっそいのを使って幾重にも細い線を重ねて理想の線に仕上げていました。

アナログからデジタルに移行しようと思ってペンタブ(液タブも?)の壁にぶつかってしまうという話もよくききますが、私は逆で、ペンタブで、クリスタで線を引いた時、「うおおおおお、つけペンみたいな線が一発でひける!!」っていう感動がありました。

そんなワケで、素材ストアを巡って、よりよいペンに出会うととってもうれしいです。