月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

誕生日でありました。

 誕生日でありましたので、色々いい事がありました。
 その一つは、姉がサーティワンアイスクリームの商品券をくれたことです。たくさんくれました。これはもう……サーティワン行かなくちゃ!!ワクワクですね☆

 姉は、ほしいものがあったら言ってみてくれと言ってくれたのですが、私は液タブと電動アシスト付き自転車しか思いつかなかったので、それはいくらなんでもアレなので、思いつかない思いつかないと言っていました。なので、姉が考えてサーティワン券を買ってくれたのですが「そうか!そういわれたらこれワシめっちゃほしいわ!!」って思いました。案外、自分が欲しがってるものって、いつも意識の上に上っているものでもないんですね。今日も、脳の不思議に驚かされました。

 そんなワケで(?)、また一年よろしくです。

またも寝込んでました

 お久しぶりです。

 親戚のおうちへ泊りで行ってきたので、寝込むだろうな~って思っていたら、本当に寝込んでしまいました。

 ウム。

 帰ってきてすぐには、子守などもあり、ちょこちょこ動いていたんですが、体のだるさに横になると、すぐにぐーぐー寝ている始末で、何も予定のなかった先週土曜だったかは、文字通り一日中寝ていました。毎回の事だけれども、自分で驚きます。

 土曜に寝まくったからか、日曜あたりから徐々に復活してきました。トホホ生活ですね(?)。

 たくさんたくさん寝ると、腰が痛くなってきて困りますね。腰が痛くてたまらないんだけれども、寝ずにはいられない。本当に、トホホ生活です。そういう雑誌を創刊しようかしら(原稿やれ)。

 原稿といえば原稿の方ですが(日本語崩壊)、のっけから1ページ半背景が続き、資料写真からの加工とか手間的にはラクそうな(ラクそうであって、案外ラクではない)コマもあるにはあるけど、キャラを描かないのも結構退屈で大変でした。
 これからキャラも出てくるので、お盆旅行?~からの~寝込み(アホ丸出し)で遅れた分をなるべくなるべく取り戻せるように頑張りたいです。
 毎回「頑張る」って言ってるわりに遅れたままフィニッシュするけど、まぁ、それでも頑張りたいです(ダメ感漂う一文だね☆)。

 ではまた、ごきげんよう。まだちょっと腰が痛いわ……。

お盆休みだったね

 お久しぶりです。
 お盆休みで、親戚のおうちへ行っていました。お盆休みと言っても、私はずっと休み?なので、お盆休みというよりはただのお盆…だったのですが。
 法事があるという事で、おとん星人の実家へ行っておりました。
 そこは田舎です。山あいにある部落で、里山という感じです。なので、草だの稲だの木々だのの写真をたくさんとりました。写真を撮るのは好きですが、写真が趣味っていう「写真を撮る」っていうのじゃなくて、漫画描くのが趣味っていう「資料写真を撮る」という、「写真を撮る」でした。

 資料写真は、前々から撮っていましたが、その歴代カメラというのが「銀塩時代→コンデジ→デジ一→スマホ時代:iPhone4(大好きだった、この型)→5S→6→7Plus←今、ここ」ときています。マメさがないので、現行iPhoneで撮ったやつと、それ以前のiPhoneで撮ってかろうじてオンラインストレージの資料写真フォルダにアップしてあるやつ以外は、なかったり、使おうとしても手間がかかったりするので、資料写真を撮らねば!!と、ちょっと燃えて撮りました(燃える必要ないやろ)。
 また出かけたら、積極的に撮ろうと思います。

 さて、滞在先のAコープで、泥だんごのガチャがあったので、回してみました。

https://www.instagram.com/p/BXwsvREBBSz/

 泥だんご製作キットですわ。
 まだ、作っていません。ちょっと、時間がないもので(疲れてしまったから、ちょっとようけ目に寝なきゃならないしね!)。
 作り始めたら、またどうなったか書くかもしれません。なんとなく失敗しそうな気がしますが……。頑張ります。

カラーの話になった

 今日はカレーを作ったのですが、台所に立っていると必ず足底筋膜炎(推定)が悪化してしまいます。ぬぬぬ。
 しかしカレーはおいしかったです。この頃は合い挽きミンチとトマトのカレーばっかり作っています。うまし。

https://www.instagram.com/p/BXpWTlJBH49/

 今日使った大きな茶色いマッシュルーム。♪探しに行こうよビッグマッシュルームサイケな街に♪って、少年ナイフの歌を思い出します。この歌が入っているアルバムを買った時、この歌と後ちょっと、お気に入りの歌をグルグル聞いていたなぁ。

 さて、カラーの原稿、ホームラン軒の扉絵が完成しました。イエー。

f:id:inuit148:20170811210335p:plain

 部分ですがこんな感じ。
 スミ入れでだいぶ描き込んで、あっさり色をぬるってのをやってみました。やっぱり、線がクッキリしているのは好きですね。人の絵を見る時も、そういうのを好む傾向にあります。今は厚塗りが流行っているというのか、多いというか、アレですが、私が最初に技法?で感銘を受けたカラーイラストが江口寿史先生の絵なので、線がクッキリしてるの好きなのは、変わらないんだな。
 自分自身は、カラー原稿についてはここ2年くらいか、色々考えて色々塗り方を試行錯誤してきたけれど、やっぱり自分の感性を一番素直に表現できるのがこんな感じのアレなんだなと、ちょっと納得。もちろん、また悩んだりして、試行錯誤を続けていくのだろうけど。
 ちなみにこの絵の色塗りは、投げ縄ぬりやベタぬりレイヤのベタぬり、カラーマーカー風ブラシ(Tマーカーブラシ)、秋鮭筆、エアブラシ(柔らか)、油彩ブラシ&オイルパステルを主に使いました。真魚君は、髪以外はTマーカーブラシです(ほっぺのみ秋鮭筆)。このブラシがとても使いやすくて、私のようにあっさりぬる人にはとてもいいんじゃないかなと思います。ブレンダーもセットになってて、便利です。ラクガキの色付けにもよいかも!

 あと、ずっと「ええでー」と言っている秋鮭筆。ふんわりほっぺに欠かせません。ぼかすのがやりやすい。

 後、透明色を選択していると、ふんわり消すってのができていいです。色トレスする時に、塗るのも消すのも重宝しています(私は、主線レイヤの上にレイヤを作ってクリッピングして、そこに秋鮭筆で、キャンバスの色を拾って主線に色をつけていったりしてます)。
 ただ、この秋鮭筆は、私のパソコンのスペックのせいなのか、ブラシサイズをデカくすると重くなります。ので、そういう時はエアブラシ使ってます。

 そんなこんなで、何をいってるのかよくわからなくなってしまいました(!?)。
 扉絵が終わったので、しばらくモノクロの世界へ行ってまいります。

 では、ごきげんよう!お盆休みだけど、交通事故、水難事故など、気を付けてくだされ。私は子供の頃、お盆すぎたら海で泳いだらアカンていわれましたが、多分、波が高くなるんでしょう…お気をつけて。

ネーム終わったよ☆

 こんにちはっ!
 軽やかに。体重は重くとも軽やかに。

 昨日、ネームを終えまして!バンザーイ!!!!
 プロットから、箱根八里のような道のりで、ネームは普通に作業したけどページ数が、いつもの倍あったので、ネーム作業が終わった時は、「さて、次の話考えようか」って一瞬思いました。
 これから、作画作業です。スミ入れトーン貼の日々です。それはそれで楽しみです。

https://www.instagram.com/p/BXke-2xBcwk/

 今扉絵を描いています。
 カラーのペン入れは、なぜだかいつもしんぼうがきかず、ちょっといい加減にして色をぬり始めてしまいます。でも、ここのところずーっとカラー、モノクロ合わせて絵の事についても考えていて、ホントのとこ、私は色塗りはあっさり効果的にやりたいタイプなのだから、やはりスミ入れの時にしんぼうしてじっくりやっていくべきじゃろと思っての、今回の扉絵です。本文のモノクロ原稿も、同じ考えで、スミとトーンのバランスを少し考え直して描こうかなと思っています。

 扉絵で初めて、キチンと真魚君を描いているのですが、スミを入れるとちょっと締まる事もあってか、雰囲気が少し違うなーと「ウフフ」ってなってます。見た目女の子みたいだけど男の子の雰囲気がいつも出てればいいなぁ。

f:id:inuit148:20170809195123p:plain

ヒート、ヒート、われらの老いた脳みそも

 先日録画物件鑑賞会の話をしましたが、今日も鑑賞会の話です。『ヒート』という映画を見ていた時の出来事です。
 この映画には、ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノが出ていました。
 映画の画面が、全体的に暗く、年寄り&オバハンには多少、誰が映ってるのか見づらいところがあり、これはロバート・デ・ニーロなのかアル・パチーノなのかでいつももめていました(しっかり見ろよ)。
 そこへ、私がうっかり、「ロバート・デ・ニーロ」を「ダスティン・ホフマン」と言い違える事態が発生。昔から私は頭の中でこの二つの名前を取り違える事をよくしていたのですが、オカンには大ダメージだったようです。途中から、オカンはダスティン・ホフマンも出ているのだと勘違いし、オカンサイドでは「これはロバート・デ・ニーロなのかアル・パチーノなのかダスティン・ホフマンなのか」という年寄りには酷な混乱が引き起こされていたのでした。
 それに気づいた私は「ダスティン・ホフマンは私の言い間違いや。ゴメン。ダスティン・ホフマンは出てない」と告白しました。
 映画の中のストーリーが加速し始めるころには、私はほぼ完ぺきに映画の中のロバート・デ・ニーロとアル・パチーノを見分けることができる様になっていました(「映画の中の」って、お茶の間に二人がいたら大変な事だ)。強盗団と警察というグループの他のメンバーの顔も把握してくると、わかりやすくなりました。なので、遅れをとるオカンが質問してくるとすぐに答えられるようになっていました。

 年寄り&オバハンは一生懸命でしたが、見終わったころには「なんか結構ええ映画やったね」と言っていました。かわいそうなところもあったけれど。
 後、銃撃戦がすごかったです。

 さて、私の漫画制作ですが。昨日でネーム作業を終える予定でしたが、まだ5ページ残っています(テヘッ)。引き続きファイトです。

昨日の録画物件鑑賞会

 テレビでやってる映画を録画する時、あんまり古いのは録画しないのですが、時々適当に録画タイマー?をセットする事があって、こないだは1975年のやつが録れていました。
 『弾丸を噛め』、ジーン・ハックマン主演です。
 馬の長距離レースに出た人々の話なのですが、これが結構面白かったです。思いの外面白かったね!と、オカンといいながら見終わりました。

 馬かわいい……。映画の中で、馬が傷ついたり死んだりすると、ちょっと悲しかったです。
 後、馬の駆ける足音はいいですね。心地よいです。
 でも、悪路続きで(山越えとかなので)、滑って転ばないかドキドキでした。
 ストーリーについてはかきませんが、「うおおおぉお!いい話だなー!!」っていうのではなくて、「誰かに優しくしてもらった時のようなあたたかみ」が、みた後に残りました。この感じは、とても好きです。前にもなんか、かいていたけど。あれ、なんだったろうな。やっぱり鑑賞会のはなしだったろうか。

 鑑賞会といえば、『シカゴMED』を楽しみにみていましたが、この間最終回で、終わってしまいました。またシーズン2とか、そういうので見られるといいなーと、オカンと言っています。